2009年09月13日

新型インフルエンザによる死亡者統計


新型インフルエンザA型(H1N1)に感染して死亡した人の半数以上が若年成人だったとの調査結果を、欧州疾病予防管理センター傘下の監視機関ユーロサーベイランスが今週発表しました。

今現在の日本の死亡者は、高齢者が多いですけど、この調査によると今後若年層の死亡者も増えてくるかもしれません。

糖尿病患者や太りすぎの人も致死率が高いことが明らかになったそうで、これは若年層の場合自分が糖尿病であると自覚がない方もかなりいて、そういった方が感染し、亡くなっているのではないかと思いました。

妊婦の死亡リスクが高い点は、新型と季節性に共通している。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
 


posted by mako at 14:03 | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスクの役割

5月の流行時のマスク不足によって、マスクの効果に対する疑問がでてきました。

マスクをしても予防はできない、マスクをしているのは日本人だけ、等など・・。

僕は思うんですけど、0か100かという事ではなくて、感染する可能性を減らすという事が大事だと思うんです。マスクをする事によって、100%感染を予防することは出来ないですけど、可能性を減らすことは、できます。

それによって、個人という単位ではなく、日本という全体でみると、かなり減らせるんだと思います。

また、マスクを着用することによって、ウイルスが付着した手で口や鼻を触らないという事も効果の一つです。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 13:49 | TrackBack(0) | マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ、早めの学級閉鎖が有効

 9月11日、WHOは新型インフルエンザ(H1N1型)の感染拡大の初期段階で学校閉鎖に踏み切ることが有効との見方を示しました。

 これまで、世界的にも日本でも学校が新型インフルエンザの感染拡大の場となってきました。新学期が始まって各学校に学生が戻ってきており、さらなる感染拡大をどう縮小するかが課題になっています。

WHOは、段階的に対処することで感染の広がりを抑えることができると指摘。「人口の1%が体調を崩す以前の感染が広がり始めた初期段階に学校を閉鎖した場合」に、その効果が最も大きいというです。

また学校閉鎖によって感染拡大のピーク時の医療需要を推定で30─50%縮小できるとみていて、医療機関がパンクするリスクを軽減することができるのではないかと期待されています。

WHOが前週発表したデータによると、4月に北米で感染が確認されて以来、新型インフルエンザウイルスによって世界中で少なくとも3205人が死亡したそうです。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 13:37| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子一緒にワクチン接種を


新型インフルエンザA型(H1N1)の流行でワクチン不足が懸念される中、子どもと、その親に優先的にワクチンを接種すれば、新型および従来型の季節性インフルエンザ双方の感染拡大を抑えることができ、ワクチン不足も回避できるとの試算結果を米研究チームがまとめ、21日の米科学誌「サイエンス(Science)」に発表したそうです。

たしかに、日本でも感染拡大は、子供を中心に学校での集団感染が中心です。その世代で感染を抑えれば、社会全体への感染拡大を縮小できるという事ですね。

ワクチンが不足するというのは、このまま感染拡大するという前提でのことですから、少しでも縮小できれば、不足分が少なくて済むかもしれません。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 12:35 | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咳エチケット

新型インフルエンザの全国的流行と共に、認知されるようになった事場が「咳エチケット」です。

「誰かが自分に向かって、くしゃみや咳をしてきて不快な気分を味わった」経験はありませんか?新型インフルエンザなどが流行していない時期ならば、そこまで気になることではないまもしれませんが、これがウイルス感染の原因だとすると、心中穏やかではいられません。

「咳エチケット」とは、エチケットを啓蒙することによって、咳やクシャミによるウイルスの拡大を防ごうとするものです。

自分がウイルスをもっている、もっていないにかかわらず、人としての礼儀だと思いますが、さらに気を使おうよという事なんだとおもいます。

ウイルスをもらわないこと、拡散しないことが、インフルエンザの有効な感染防止策である事から、マスクをし「咳エチケット」の励行を心がけましょう。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る




posted by mako at 11:54 | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチン接種したくない?!


医療従事者へのアンケート調査で、「ワクチン接種をしたくない」という方が多いようです。

副作用の懸念が払拭されていない現状では、医療従事者であろうが一般の方であろうが、同じような結果がでるのかもしれません。

たしかに、私も誰もワクチンを接種したことのない状態では、躊躇しますね。ワクチン接種が始まって、少し様子をみてから接種したいというのが多くの人の本音じゃないですかね。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 11:27 | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスク市場に新規参入相次ぐ

新型インフルエンザの感染が全国的に拡大する中、マスク市場に参入する企業が増えているそうです。

新型インフルエンザ対策としては、使い捨てが基本となっている為、消費は爆発的に伸びていくという事と、既存のマスクメーカーが需要に供給に追いつけていないという隙間をぬって新規に参入するメーカーが増えている背景です。

大幸薬品は2日、予防用マスクを今月中旬から新たに販売する方針で、アース製薬も同日、米国のマスクメーカーからウイルス侵入を99.9%カットする高機能商品を輸入し、15日に発売すると発表しました。マスクは需要に供給が追いつかない状況が続いており、新規参入のチャンスとなっています。

 大幸薬品は商品を国内メーカーから調達し、まず「セブン‐イレブン」の一部店舗で販売を始め、将来的には薬局などにも販路を広げる方針です。アース製薬は米国のウェイン・プロダクトと同社商品の国内での独占販売契約を締結し、商品は耳かけがなく、シールで顔にはり付けるタイプで、肌に密着するためすき間からのウイルス侵入を効果的に防ぐ新しいタイプのマスクを販売します。価格は945円。

 医薬品卸の埼京東和薬品も7月末から輸入したマスクを調剤薬局で販売しているほか、企業や一般からの受注にも応じています。

 マスクは価格が安く利益率が低いうえ、数十社が販売していることから、「妙味が薄いビジネス」(業界関係者)とされてきましたが、今年は新型インフルの感染拡大で、例年は販売が減少する春先以降も品不足の状態が続いています。

ですが、生産能力を増強するため多額の投資を行えば、需要が急激にしぼんだ場合のリスクが大きく、既存メーカー各社は「需要ほど供給量を増やすことはできない」(業界関係者)のが実情で、新規参入の動きは、こうした業界の間隙(かんげき)を突いた格好で、新型インフルの感染拡大が懸念される冬に向け、マスク市場への参入を目指す企業がさらに増えそうです。

こうした店舗販売を中心とした各メーカーとは別に、海外メーカーからの輸入品を中心とした通販市場も活気を呈していて、激しい販売競争が、既存メーカーと新規参入メーカー、店舗販売と通販、それぞれの競争がより一層激化しそうです。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 11:09 | TrackBack(0) | 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国での新型インフルエンザ対策


日本は、世界で一番新型インフルエンザに過敏な国なんだと思っていましたが、お隣韓国も相当敏感になっているようです。

国の感染拡大予防強化策として、全国の小中高等学校の児童・生徒を対象に毎朝、校門で検温を実施するとのことです。

日本でも、ここまではしてる学校はないと思います。

その他、教室を毎日殺菌したりもするそうです。本当は、いい対策なんでしょうけど、どこまでするのかというところが予算の関係もあるでしょうし、難しいとこですね。

韓国でも、感染者のほとんどが小学生という事ですから、そこに重点をおいた対策が練られているのだと思います。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 10:11 | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

サージカルマスクを使い捨て

新型インフルエンザ用のマスクは、サージカルマスクを使い捨てというのが基本になります。やはり、もったいないという気持ちがはたらいて、何度も使いたくなりますが、マスクにもウイルスが付着してしまいますので、それを繰り返ししようすると当然ウイルスを吸い込んでしまい感染してしまいます。

使い捨てという事になると、少しでも価格の安いサージカルマスクがいいのですが、ドラッグストアなどの店舗販売になりますと、通販に比べて割高になります。

店舗販売は、まとめ買いが出来ない為、通販サイトとは一枚あたりの価格に差がでてきます。さらに、新型インフルエンザの流行で、マスクが品薄状態になり、ドラッグストアでは、購入枚数を制限する店舗もあるので、使い捨てサージカルマスクの購入は、通販サイトがお勧めです。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る
posted by mako at 23:40 | TrackBack(0) | 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快適ガードプロ

新型インフルエンザが全国的流行期に入り、マスクの需要が高まっていますが、白元の快適ガードプロの特徴についてまとめました。

●ノーズクッション採用でスキマなしのフィット感。
 鼻とマスクの間のスキマにピッタリフィットします。

※これは、マスクはサイズが合っていて、顔との間に隙間があると、そこからウイルスが侵入してしまうので、フィット感というのはとても大事です。

●メガネのくもり99%カット。
 ノーズクッションにより鼻部分からの上方向への呼気のモレを防ぎ、メガネのくもりを軽減します。

※めがねをされている方は、曇りが気になるところですが、快適ガードプロは、そこを改善し他のマスクとの差別化をはかっています。

●立体構造でたっぷり空間。
 口元に空間を作ることにより、息苦しさを解消します。

※いくら高機能で、ウイルスの侵入を防ぐとはいっても、長時間着用するのに、ストレスがあっては意味がありません。しかし、快適ガードプロは、そういったストレスを解消しました。

●特殊静電フィルターを採用。
 ウイルスを含む飛沫や花粉を強力吸着。口元からフレッシュな空気を吸い込めます。

※ウイルスを吸い込まないというのは、マスクの基本性能ですが、快適ガードプロは、安心してご使用になります。

※通販サイト

※関連ブログ

使い捨てマスク販売サイトのTOPに戻る


posted by mako at 22:24 | TrackBack(0) | マスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。